ひょっとして浮気?

浮気の和解をするときの誓約書

浮気は、夫婦関係の破綻を招くような出来事ですが、話し合いで和解する事もできます。
ですが、浮気をしたという事実と、どのようにして解決をしたのか、再び同じことが繰り返された時にはどうなるのかを書き記した和解誓約書、あるいは示談書と呼ばれる書類を作成することになります。 どのような呼び方をするとしても、その書面にどのような気をと記しておくのかが重要です
慰謝料が発生した時には、その金額及び誰が支払うのかも、細かく明記しておきます。
一応口約束でも、書面に書くようなことは、法的拘束力を持つのですが、後々約束した証拠がないと知らぬ存ぜぬをされてしまったら後の祭りです。
できうるならば、書類は公正証書にしておくことが最善です。
なぜならば、もし浮気相手が慰謝料を払わなかった時に、裁判所に訴えて給料や財産の差し押さえがしやすくなるからです。
ただし、公正証書は慰謝料の額によって作成費用が変わってくるので、高額の慰謝料が支払われるときには、その負担を覚悟することです。

浮気発覚後和解するためには

浮気されても離婚する気はなく和解したい場合にはどすればいいのでしょうか。
まずは浮気をしてる事を明確化するため探偵などに依頼して証拠を集めてもらいましょう。そして配偶者に証拠を突き付けて三者面談をするのです。
その時に慰謝料の事や二度と自分の配偶者に関わらないことについて話をしましょう。
もしも相手が慰謝料を拒否するのであれば法律家に依頼するしかありません。ただ離婚しない場合に請求できる慰謝料は最高でも30万程度が最高になります。
また二度と配偶者に関わらないことを誓わせるためにきちんと書類にして残しておくといいでしょう
これも法律家に依頼する必要があります。もしも二度も同じ過ちをした場合にはもっと高い慰謝料を請求すると書いておくのです。
このような手順を踏まずに和解することはかなり難しいのです。配偶者には自分のしたことの罪を認識させることにより新しい夫婦生活がはじまります。
配偶者が浮気をただの遊び程度に思っていれば夫婦関係はやり直せます。

注目サイト

別れさせ屋に依頼
http://www.wakaresaseya-advice.net/

2016/7/1 更新