ひょっとして浮気?

浮気の調査は自分でもできる

恋人や配偶が浮気をしているかもしれないと感じたら、黙って見過ごすのではなくはっきりさせたいと思うのが普通でしょう。相手の様子がおかしいと思っても、明確な証拠が掴めなければ追及することもできません。浮気の調査は証拠を掴むために行うので、あらかじめコツや方法を確認しておくことが大切です。まずは兆候として見られる相手の言動をチェックしておきましょう。携帯電話にはプライベートな情報が満載ですから、常に肌身離さず持っているという行動が見られるでしょう。電話やメールがくると、その場から離れて話し始めたり電話を切ることもあります。調査しようとしてもロックがかかっていて解除できなければ携帯電話から情報を得ることはできませんが、様子を見ていれば変化に気付くはずです。自家用車に手がかりが残っている場合があり、ダッシュボードに高速道路の領収書が入っていることもあるので確認してみましょう。自分で調査をしても証拠が掴めない場合は、プロである探偵に依頼するという方法もあります。

浮気現場の調査はプロに依頼すべきです。

日本もまた各先進国と同じく、法律による統治が行われています。
いわゆる法治国家であり、客観的な法体系によって人権が保護されてます。
そして法治国家である日本では「疑わしきは被告人の利益に」や「疑わしきは罰せず」といった原則があります。
そのため、明確な証拠が無い状態で、市民が一方的に逮捕されたり、裁判で敗訴する事は無いのです。
冤罪を防止するための原則ですので、市民にとっては大事な権利なのですが
例えば、妻や夫が浮気をしている場合も、そういった「疑わしきは罰せず」の結論が裁判所によって出される恐れがあります。要するに「最近妻の下着が派手になってきた。これは若い男が出来たに違いない」等といった感覚的な訴えだけでは、裁判では勝てません。
そのためパートナーの浮気による離婚を、確実に進めたい場合は綿密な素行調査が必須です。
いわゆる浮気現場を写真などの明確な証拠で抑えなければ、「疑わしきは罰せず」の論理で逃げられてしまいます。
浮気の調査に強い探偵事務所などに依頼すれば、秘密裏に妻の夫の現場を押さえられます。
隠しカメラによる証拠写真や動画の入手が可能であり、裁判で明確なクロ判定が得られる客観的な証拠となりますので、パートナーが明らかに不貞行為をしているが、なかなか尻尾をつかめない方は、プロに依頼すべきです。

Valuable information

志木にあるマンション
http://taisei-jutaku.jp/shiki/search_mansion.html

Last update:2016/7/1